COLUMN

注目を集める東京東側エリア【プロが教える不動産投資コラム】

東京駅を起点として東側のエリアが注目を集めています。山手線の東側には東京のビジネスの中心とも言える東京駅があり、交通の利便性が優れている点が特徴です。東京は主に「山手」及び西側のエリアが高級住宅地として発展してきました。新宿や渋谷から運行している小田急・京王・東急線などの沿線に多くの住宅街があります。しかし最近では、東側エリアの注目度が高まってきています。今回はこうした「東側」の魅力と交通利便性を見てみましょう。

東京駅からの距離は

東京駅からの距離を見てみると、山手線の西側、「新宿」「渋谷」「池袋」などは、ちょうど東側では「荒川」の当りに相当します。荒川よりも都心側にある墨田区・江東区・台東区・荒川区などは東京駅へのアクセスの良さでも注目度も集まっています。さらに住宅地として人気の「吉祥寺」駅は、東京駅からの距離を東側に換算すると西船橋駅あたりに相当します。つまり今後は思わぬエリアが注目の街として浮上する可能性もある訳です。

長距離列車の発達とアクセス「常磐線」

近年は多くの電車が都心直通運転していることで、郊外から都心へのアクセスが格段に向上してきました。上野・東京ラインを始め、総武線快速など、郊外から都心へ行きやすい電車がいくつかあります。 まず常磐線ですが、今までは上野駅止まりでしたが、上野・東京ラインの開通により常磐線が東京・新橋・品川駅などへ直通となりました。これらのエリアは「都市再生緊急整備地域」にも指定されている、東京の主要ビジネス街が多くあるエリアです。つまり、東京東エリアから東京の主要部に直通で乗り入が可能となった訳です。 最近注目されている北千住駅は東京駅から常磐線快速で5駅目と利便性が高く、多くの路線が利用できます。常磐製の各駅停車の駅も今まではあまり知られていませんでしたが、東京駅や品川駅にも直通となり利便性も大きく向上しています。

東京駅へ直通の「総武線快速」

総武線は各駅停車と快速で路線が異なります。快速は東京駅へ直通運転し、さらに品川方面へも運行しています。停車駅は東京駅から新日本橋・馬喰町・錦糸町・新小岩・市川・船橋と続きます。例えば新小岩駅などは東京駅から4駅目であり都心のアクセスも良好といえます。市川駅は千葉県となりますが、東京駅までは5駅、わずか20分で到着します。

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)

東武伊勢崎線は浅草・押上駅などから北千住を通り西新井・草加などに向かう列車です。東武伊勢崎線は押上駅から「地下鉄半蔵門線」に直通、さらに北千住駅から「地下鉄日比谷線」に直通運転を実施しています。つまり「半蔵門線」「日比谷線」の2路線の延長上にあり、非常に利便性が高いと言えます。

京成押上線も都心へ直通

京成線押上線は押上駅から青砥(あおと)駅までを運行していますが、さらに成田駅や千葉ニュータウン駅方面などに向かう列車です。押上駅からは「都営浅草線」に直通運転を実施しています。上野公園の西郷さんの像の近くに京成上野駅があり、京成といえば上野の印象も強いですが、実は都心へ直通の利便性の高い路線なのです。都営浅草線は浅草駅から日本橋駅・東銀座・新橋駅などを通り、泉岳寺駅方面へ運行します。JR山手線の新駅である高輪ゲートウェイ駅前の大規模再開発用地はこの泉岳寺駅の駅前にも位置します。

その他東京東側の路線

秋葉原駅から筑波方面に運行する「つくばエクスプレス」は2005年に開業しています。秋葉原駅から浅草駅・北千住駅などを通り八潮駅・流山駅・柏駅を抜けつくば駅に到達します。さらに都心への延伸も検討されています。「日暮里・舎人ライナー」は日暮里駅からちょうど北の方向に運行し、足立区の見沼代親水公園駅までを結ぶ都営の路線です。2008年に開業しました。新路線が開通する事により、いままで駅が近くになかったエリアに突然新駅ができ、利便性が向上したエリアが多く誕生しました。

このように多くの路線が開通したり、路線の利便性が向上したりと、東京東側エリアの交通事情が大きく変貌しています。これはすでに発展が一段落した東京西側エリアと大きく異なる点です。都心へのアクセス、特に東京駅へのアクセスが優れたエリアは、今後注目度が上昇してくる可能性もあります。東京東側エリアでは、まだまだ「穴場」とも言えるエリアが多くありますので、不動産投資のエリアの候補として一考されてみてはいかがでしょうか。

 

 

東京の中心とも言える東京駅やITの街秋葉原駅などは山手線の東側にあり、東京の東エリアからアクセスしやすい事も理由の一つです。

また最近は交通インフラの発達によりさらに都心へアクセスしやくなり、東京東エリアの利便性が向上しています。

2003年に地下鉄半蔵門線が押上駅まで開業し、2005年には秋葉原駅を始点とするつくばエクスプレス、2008年には日暮里舎人ライナーなどの路線、2012年には東京スカイツリーが開業しました。

隣接するスカイツリータウンには多くの人が来場しています。

2020年の東京オリンピックでは東京東エリアの湾岸部で多くの競技が開催されるなど、利便性や関心度も高まっています。今後は地下鉄有楽町線の豊洲~住吉間の延伸なども検討されています。

東京駅を基点として、東京の西側と東側の同じ距離にあるエリアを見ると、東エリアのほうが地価・マンション価格も安い傾向にあると言えます。

また、東京東エリアから東京主要部へのアクセスもしやすく、利便性を重視する方にとっては魅力のあるエリアと言えるのではないでしょうか。

関連記事一覧

人気の記事