CHANNEL

不動産投資を、もっと面白く。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新時代のマネーリテラシー
  4. 【新時代のマネーリテラシー 教えて太蔵先生!】#2 無職時代を経験した太蔵が勧める、生活費を1〜2割減らす節約方法

【新時代のマネーリテラシー 教えて太蔵先生!】#2 無職時代を経験した太蔵が勧める、生活費を1〜2割減らす節約方法

72channelのオリジナル番組「新時代のマネーリテラシー」シリーズ。

「薄口政治評論家」こと元衆議院議員の杉村太蔵さんを番組ゲストに「#教えて太蔵先生!」と題して、72channelのアシスタント・剣持めぐみ&近藤汐里とともに、お金に関する様々なことを笑いと学びのトークを繰り広げます。

今回は、太蔵先生が無理なく今日から始められる節約方法・お金の見直し術を教えてくれます。

そして、その節約で得た資金を未来への資産形成につなげる投資についてなど、「暮らし」と「お金」に関するトークを展開!お金のプロが実践する節約術も触れます。

お金の悩みがあるときは、◯◯に相談しよう。

「まず、お金のことを誰かに相談することが、なによりめちゃくちゃ大事ですね。必ず専門家に相談しましょう。僕がおすすめなのは、自分のお金の使い方を相談したときに、どこを節約すると無理なく暮らしていけるかを親身になってアドバイスしてくれるお金のプロ『ファイナンシャルプランナー』です。自分のお金の入りと出を相談すると、適正な電気代やケータイのプランから、マイルの貯め方まで細かく全部教えてくれます。」

お金の相談って、なかなか知り合いにするのは難しいし、両親に話すのも気が引ける・・・。そんな時、専門家で正しい情報をもとに話を聞いてくれる人がいるというのは、めちゃめちゃ心強いですね。

「時々行政が主導で、無料相談会とかをやっているところもあるから、ぜひ利用してほしい。5年に1回くらい、自分のお金の入りと出が適正なのかをチェックする意味でも話を聞いてみることをおすすめします。」

無料で受けられるところもあるんですね!行政がおこなう施策であれば、怪しさもなく話が聞けそうです。お住まいの自治体の活動などを調べて、問合せてみるのもいいかもしれませんね。

起業でお金が無いときの相談先は?

「家庭のお金の悩みは、ファイナンシャルプランナー。では、起業のお金の悩みはどうしたらいいか。どんな事業をやるにしても、備品を揃えたり、ものを売るなら仕入れをしたり。なかなか貯金でまかなえる金額じゃない資本が必要な時。誰かに借りるしか無いよね。でも事業がうまくいくかも不安。そんな時、その事業計画を見てくれて、お茶を出しながらただでわかりやすくアドバイスをくれるところがある。銀行です。」

そうなんですね、事業計画にアドバイスまでくれるなんて。銀行がそんな存在だとはこれまでは全然考えもしていませんでした。

「みなさんは銀行というと、単にお金を入れたり引き出したりする所のイメージがあるかもしれない。でも、役割はATMだけじゃないですよ。事業計画がうまくいくかどうかを判断してくれる。これならうまくいくよ。お金を出すよ。と言われたら、つまり成功する確率が高い事業だということです。」

確かに、銀行はお金を貸して返済の利息で利益を上げる。そのためには、お金が返ってくるように、事業が成功してもらわなければ銀行も困りますもんね。

「これから事業を起業を考えるのであれば、まずは信用金庫がおすすめです。まず、信用金庫はその地域の小さい起業のために存在しているから、起業したばかりの人に対しても親切丁寧に対応してくれる。まずは信用金庫に相談してみることをおすすめします。」

1世帯で1割〜2割の支出を減らすコツ。

「FPの人がよく言うんですが、たとえば人が何も考えずにだいたい1ヶ月に20万円支出があるとした場合。何も考えずにプロの目で見ると、2‐4万は支出を減らすことができるそうです。支出を減らそう!と言うと、すぐ『飲み代をけずろう』とか考えがちですが、ポイントはあらゆる項目の支出を1割ずつ減らすことです。通信費も、食費も、飲み代も、服や美容代もまんべんなく1割。そこからさらに、もう1段階深堀りして削れる項目があったりするんです。」

今月は飲みに行くのをやめよう!と決意して我慢をしてもどうせ長続きはしない。すべての項目から1割ずつ減らすのは、たしかに自分でも続けられる気がします。

「月に20万円のうち1割の2万円削減できたとしたら。1年で24万。10年で240万。節約は一瞬で見ないで、長期で見ると相当でかい数字になりますよね。そこで節約で溜まったお金を投資に使うといいと思いますよ。たとえばマンション投資の資金に使ってもいい。今から、20代のうちに支出の1割を削ってコツコツ貯めていく。それを投資資金に回す。すると老後は相当いいんじゃない?2000万円問題なんて心配なくなる。僕自身がやっていることでもある。無理なくなら、みんなできると思いますよ。」

目の前の2万円が10年後に240万円。なかなか実感が持てないですが、節約も積もれば老後は安泰というわけですね。なにより、自分の支出の1割削減を目指して、ファイナンシャルプランナーに相談したくなりました!

今回は、太蔵先生にお金についての相談先や、支出の削減による資産の築き方のヒントを教えてもらいました。

太蔵先生の話に引き込まれて、今回もあっという間の10分超。私たちの素朴な疑問に的確に答えてくれる太蔵先生。次回の授業も楽しみです。ありがとうございました!

sugimurataizo

杉村太蔵 プロフィール

1979年8月13日、北海道旭川市出身。2004年3月筑波大学中退。2020年3月慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 後期博士課程 所定単位取得退学。

派遣社員から外資系証券会社勤務を経て、2005年9月総選挙で最年少当選を果たす。厚生労働委員会、決算行政監視委員会に所属。労働問題を専門に、特にニート・フリーター問題など若年者雇用の環境改善に尽力。

関連記事