CHANNEL

不動産投資を、もっと面白く。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新時代のマネーリテラシー
  4. 厚切りジェイソン 新時代のWHY? マネーリテラシー#4【稼ぐ力・後編】

厚切りジェイソン 新時代のWHY? マネーリテラシー#4【稼ぐ力・後編】

毎回ゲスト講師をお招きして、お金についてもっと「考える、きっかけ」を配信している72channel。

ゲスト講師に、IT企業役員とお笑い芸人の二足のわらじを履く厚切りジェイソンさんを招き、#4【稼ぐ力・後編】です。日米のビジネス上の違いや、若手へのアドバイス、副業についての考え方などを語っていただきました。

以前からリモート商談も主流だったアメリカ。

日本とアメリカのビジネスシーンでの違いについて、ひとつは商談の方法と厚切りジェイソンさんは語ります。

「ぼくがアメリカで働いていた頃は、シカゴに住んでおり、ニューヨークと東京の商圏を担当していました。毎回訪問することはできないので、基本リモートで打合せや商談をしていましたね。システムの開発チームもインドにあったので、こちらもリモートです。」

日本ではコロナ禍の前までは対面での商談が多かった一方、国土が広いアメリカでは以前からリモートがさかんだったようです。これが約15年前の話なので、コロナ禍でさらに加速したのではないかと話す厚切りジェイソンさん。

「どちらがいいというわけではなく、文化によっても合う、合わないがあると思います。リモートのみだと効率は良くなる一方、信頼関係を構築しづらいという一面もありますから」

と続けます。 コロナ禍以降、日本でもリモートが進んでいますが、対面、リモートどちらかに偏るのではなく、相手や状況によって使い分けるのがいいかもしれませんね。 次に厚切りジェイソンさんが「稼ぐ」ということについて学生や社会人へのアドバイスをおくります。

自分にしかできないことが、より価値を持つ時代に。

周囲の人と比べて違うことができると、そこに価値があると話す厚切りジェイソンさん。

「単にみんなと同じことができるということにそこまで価値はないんです。他の人と比べて自分だからこそできることはなにか、ということを考え続ける必要があると思います。それを自分から説明できないと、これからの社会で生き抜いていくことは難しいかもしれません。」

周りができないことができる人は、いつの時代になっても価値のある人材、と話します。

自分にしかできないこと、他の人と差別化を図ることが、これからますます求められてくるのですね。学生や若い世代の一番の武器は、「時間」。何に力を注ぐか決める時間はまだまだあります。どうしたら価値ある人材になれるか、今後のキャリアについてじっくり考える機会を作ってみてはどうでしょう。

大切なのは、なんのために副業するか。

日本でも注目を集めているパラレルワークや副業。様々な肩書を持つ厚切りジェイソンさんはどう考えているのでしょうか。

「わざわざ分けて考える必要もないと思っています。ぼく自身、同時に複数の仕事をしていますが、これは会社の仕事、個人の仕事ということは意識していないですね。やりたければやればいいし、やらなくても問題ないと思います。自分の道をどう生きるかは、自らの状況を考え抜いてから自分で決める必要があります。」

ぼくも新しくやりたいことができたらすぐにスタートしますよ、と話す厚切りジェイソンさん。

パラレルワークや副業を単純に「する、しない」で決めずに、なぜしたいのか、したくないのか、ひいてはどう生きていきたいのかを考えてみる。その方が、スムーズに答えは出るかもしれません。そのなかで働き方に関する選択肢の幅が広がるのはいい追い風。自分にとってのメリットとデメリットを見極めましょう。

目標から逆算して、自分だけの道を探す。

目まぐるしく変化していく社会に不安を覚える若手の方々。働き方や今の労働環境に悩む人も多いといいます。そんな方々に対して厚切りジェイソンさんはどのような意見をもっているのでしょうか。

「本当に現状が嫌なのであれば、良くなるように自分が動いて変えればいいと思います。自分が何がほしいか、何をして働くのか、どこに目指してスキルを身につけるか、自分で計画する必要がありますね。他の人と同じ道を歩いてもそこにあまり価値はないので、それそれが自分自身の道を探すことが大切です。」

さらに厚切りジェイソンさん自身の話にも。

「自分がチャンスだなと思ったときには、時間と労力を最低限だけかけて、とりあえずチャレンジしてみます。それでうまくいきそうであれば、リソースを増やしていくようなリスク管理をしています。以前出場したR-1グランプリもそのような気持ちで挑戦しました。失敗しても損はないですから。」

働き方や、キャリアを考える上で必要なことは、自分は何がしたいのか、どう生きたいのかを改めて見つめ直すこと。それが定まれば、自信をもって理想に向かって走り出すことができるかもしれません。

厚切りジェイソンさんが語る、自分自身の道。みなさんも一度改めて考えてみてはいかがでしょうか。

#4【稼ぐ力・後編】では、厚切りジェイソンさんに、日米のビジネスシーンの違いや、若手へのアドバイス、パラレルワーク・副業への考え方をお話いただきました。

その根底にあったのは、「自分がしたいこと、できることを徹底的に考えること」。

一度自分の夢や持っているスキルを棚卸しして、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。動画ではより詳しく学ぶことができます。気になった方は、ぜひ以下リンクより閲覧してみてください。

厚切りジェイソン

厚切りジェイソン プロフィール

IT企業役員・芸人。
17歳でミシガン州立大学へ飛び級入学。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校エンジニアリング学部コンピューターサイエンス学科修士課程修了。
GE(ゼネラル・エレクトリック)にプログラマーとして入社。2011 年には外資系企業の日本法人社長として来日。
現在はIT企業役員としても活動。三姉妹のパパ。

関連記事